販促担当者のためのデジタルマーケティング情報メディア|baXooka[バズーカ]

サイトのデザインで参考にしたい、おすすめギャラリーサイトまとめ

こんにちは、あやかです。
最近はおかげさまでWEBディレクターのお仕事を任せてもらえるようになりました。別で「僕、WEBディレクター目指しています」という連載記事を書いているのですが、そろそろタイトル変えようかな〜と思っています。相変わらず肩書きはありませんが、良いタイトル案があれば是非ご連絡ください。

ということで、僕がWEBサイト制作で参考にしているギャラリーサイトをまとめました。

ギャラリーサイトまとめ

①MUUUUU.ORG


業界、タイプ(ECサイト・コーポレートサイト等)、カラーと様々なカテゴリーがあるので、目的にあったサイトを探す時は重宝します。

②Web Design Clip


クリップのマークを押すと「My Clip」にブックマークのように保存してくれるところが嬉しい。しかも登録などは不要です!
「DETAIL」を押すとサイトの概要が見れるのも便利です。

③I/O 3000


こちらも多くのカテゴリーから選べます。タグで検索もできますが、僕が見たこともないような用語ばかりなのでまだまだ勉強が足りませんね…

④Responsive Web Design JP


今やレスポンシブデザインが主流になっている中、一目でPC・スマホ・タブレットのデザインがわかりやすく見ることができますね。スマホの時はどうコンテンツを配置しよう?タブレットの時は?なんて悩んでしまいがちになるので、とても助かっています。

⑤S5-Style


検索機能が豊富でお気に入り機能もある多機能で、よく使わせてもらってます。

ギャラリーサイトまとめ番外編

HeaderLove


ヘッダーに対する愛が伺えますね(笑)
ハンバーガーメニューやロールオーバー時のデザインもしっかり見ておきたいところです。

フッターデザイン.com


主要なコンテンツが中心になるヘッダーと比べ、サイトマップ的な役割を果たすように作られることもあるフッターは大きく作られることが多いので、遊び心があるサイトもあって面白いです。サイトにあったフッターを探してみてください。

見出しデザイン.com


迷ってしまいがちになる見出しのデザインはここで!
大見出し・中見出し・小見出しそれぞれの区別がきちんとつくようにしたいところです。

レトロバナー


サイト制作でもそうですが、ディスプレイ広告やメルマガでもバナーを作る機会があると思います。
色や業種、テイストからデザインを選べるので、きっと探しているデザインが見つかるはず!

最後に

以上、おすすめのギャラリーサイトでした。
かっこいいサイトもいいですが、一番重要なのは、そのサイトがどんな役割なのか、何をコンバージョンにするかを明確にした上でサイトを制作することが重要です。

デザインはそれを表現するための手段という観点でみなさんの参考になればと思います。
それではまた!

The following two tabs change content below.
あやか
これは本当の話ですが、組織図の中で私だけ肩書きがありません。 実家は代々漁師で生計を立てていますが、私の代で漁師業はストップしますので、 ご先祖様に顔向けできるように、産業が大きく変わるこの時代の節目で 良い働きができたらと思っています。
販促の最新トレンド、事例をお届け!
メルマガ登録!
メールアドレス 必須
会社名 必須
* 表示は必須項目です。
SNSでフォローする