販促担当者のためのデジタルマーケティング情報メディア|baXooka[バズーカ]

「動画制作費は高い」と思っている方必見!賢く発注するコツ

動画広告や販促動画の利用が広がっていますね。「うちでも取り組みたいけど費用が高そうで予算が…」というお声を聞くことがよくありますが、でも、ちょっと待ってください。依頼の仕方を工夫することで、あなたが想像されているよりずっと低予算で制作できる可能性があります。

今回は、動画の制作費を構成する項目と、賢く発注するためのポイントについて解説します。

動画制作の見積り相場って?

高い安いと言っても、そもそも相場はいくらぐらいだと思われるでしょうか。

数年前まではTVCMのクオリティが基準で、モデル手配・撮影・編集・MA(ナレーター撮り等)まで行うと数百万円というイメージがありましたが、最近では「一律10万円」「最安3万円〜」といった広告のキャッチコピーを見かけるようにもなりました。

その価格帯の違いはどこにあるのか確認してみましょう。

動画制作の見積り項目を解説

動画制作の金額幅を大きく左右するのは、以下の5つの要素です。相見積もりをとる際には、何が含まれていて何が除外となっている提示金額なのかしっかりと確認してみてください。

①動画撮影の有無

撮影が必要かどうかでカメラマンの工数や機材分の費用は大きく変わります。全てとは言い切れませんが、「一律価格」「〜20万以下」の動画制作サービスはカメラマンによる撮影が無いと考えた方が妥当でしょう。

②動画内容の企画・設計の有無

Webサイト制作や紙面制作と同様で、ターゲットや目的を踏まえた企画立案が動画コンテンツの成否を握ります。そのプランニングに関しては、発注側で決めておく又はテンプレートの型に合わせるといった方法で格安を実現することができ、その分自由度が制限されることが多いでしょう。

③CGやアニメーションの有無

実は一般的に、撮影する動画よりもCGやアニメーションを使用する動画の方がコストが膨らむ傾向があります。撮影と編集は同じスタッフが実施するケースも多々ありますが、CG・アニメーションは専任デザイナーの工数が追加となり、制作・確認の工数が増えることがその理由です。

④モデル・スタイリスト・ナレーター・ロケ費・交通費といったオプションの有無

最も料金が左右される項目です。例えば、海外ロケでスタイリスト・モデル・ディレクター・カメラマンが現地へ赴いて撮影をし、編集にナレーションを入れるとなると数百万円規模になります。

⑤カメラマンやスタジオの外注有無

見落としがちなのが、1本の動画制作に何社が関わっているかという点です。大量に案件がある企業ではカメラマン・スタジオを社内で抱えていますが、制作会社にとっては案件に応じてアウトソースする方が低リスクです。関わる社数分だけ売値にマージンが上乗せされがちですので、気になる方は依頼企業を探す際に確認してみましょう。

格安動画が安く提供できる理由とは?

一律で格安料金を訴求できるサービスは、前述の①〜⑤が含まれない動画制作の場合であることがほとんどです。具体的には、過去の動画撮影データが手元にあり編集し別の用途に活用したい方や、動画広告用に静止画・イラスト等使用し数秒の動画を依頼したい方と相性が良いでしょう。

一方で、Webサイトや店頭でのプロモーション用動画は、新たに企画・撮影をする方が向いています。ここからは、動画撮影を伴う発注でも安くする方法をご紹介します。

動画の賢い発注方法

ここ2,3年で急増しているSNS動画(InstagramやFacebook等)は日々たくさんの料理レシピ動画やメイクアップレッスン動画が更新されていますね。どのような仕組みで回っているのでしょうか。

“最適な本数”でまとめて撮影・編集する

上図をご覧ください。例えば、料理のレシピ動画であれば1日に撮影できる最大本数が6〜7本(*当社基準)。1本ずつ依頼する場合と6本まとめて同日に依頼する場合を比較すると、1本当たりの単価に4倍も違いがあります!実際には同パターンで撮影本数が増えるほど仕組み化・効率化が進み、さらなるコストカットを望むことができます。

この発注方法で重要なのは、動画のタイプによって1日最大何本まで撮影可能なのかが異なるため、最適な本数を見積もってくれるパートナーを見つけることです。

1本の動画を複数の用途に切り出す

続いては、撮影動画1本を複数の用途に展開する方法です。
例えば、スキンケア化粧品の使い方に関する3分のHowTo動画を制作するとします。応用方法の具体例を挙げますと、

  • ・SNS投稿用の5秒ver
  • ・動画広告用の15秒ver
  • ・LP配置用の30秒ver
  • ・Youtube公開用の60秒ver
  • ・店頭端末用やスタッフ研修用のフルver

等など、活用方法はずいぶん幅広く考えられます。いずれか1つの用途で想定すると費用対効果が厳しく感じられる場合であっても、工夫次第で1本の動画にかかるコストは圧縮することが可能です。

尚、注意点としては、一度納品が完了した動画について後日色々な用途に活用したいと相談しても、断られるケースがよくあります。というのも、肖像権・著作権・データ保管期間の問題があるためで、予め展開するメディア・内容・応用方法を打合せておくと後々もスムーズです。

まとめ

これから動画を発注する方、既に着手しているものの現在の依頼先で良いのか検討中の方にとって1つでも参考にして頂ける箇所があれば幸いです。

最後までお付き合いくださりありがとうございます。

▶ジーエークロッシングの動画料金表はこちらからダウンロードいただけます

The following two tabs change content below.
かんだ

かんだ

Webプランナー。特に女性向けブランドのWebマーケティング・SNS活用・プロモーション企画が得意分野。行ってみたり触ったり買ってみたり、必ず生活者目線を体験することを大切にしています。 趣味はインテリアDIYとウェブルーミング。
販促の最新トレンド、事例をお届け!
メルマガ登録情報入力
必須
必須
メールアドレス 必須
会社名 必須
SNSでフォローする