販促担当者のためのデジタルマーケティング情報メディア|baXooka[バズーカ]

HowTo(ハウツー)動画の活用法と事例|インテリア・雑貨業界編

商品・サービスについて理解を深めやすいHowTo動画。最近よく見かけるレシピ動画を筆頭に、商品への理解だけでなく、動画コンテンツそのもので人を惹きつけることができる動画が増えてきました。

今回はそんなHowTo動画のメリットを紹介するとともに、インテリア・雑貨業界に絞ってHowTo動画の事例をピックアップしたので、ぜひご覧ください!

HowTo動画のメリット

まずは、HowTo動画を活用するメリットから説明していきます。

情報量の多さ

1分間の動画は、3,600ページ分のWebページの情報量に相当すると言われるように、文字や画像といった情報と比べ、動画は圧倒的に情報量が多いです。

誰しも経験があると思いますが、モノの作り方や操作方法などのHowToは、文字情報だけだと微妙なニュアンスが伝わりにくく、想像や理解が追いつかないことがよくありませんかか?僕の場合、組み立てが簡単な机でさえ、説明書が文字だと見る気が失せてしまい、気が付くと説明書を投げ捨てて、感覚だけで組み立ててしまいます。

商品やサービスへの理解に対するハードルを下げ、検討や購入につなげる意味でも、HowToと動画の相性は良いです。特に家具や雑貨等の立体的な商品は、文字情報より動画の方がサイズ感や使い心地までイメージしやすいでしょう。

均質な情報

例えば、上司に具体的な仕事の手順を聞いた時、「この前別の上司に聞いた手順となんか違うぞ?」となったことはありませんか?なぜメモをとっていなかったんですか?と詰問したいわけではありません。

人が人に対して何かを伝える時に、伝え方には必ず差が出てしまうものです。情報が均質であればそのような違いを感じることは少ないと思います。企業の採用活動や新人研修など均質な情報がより求められる状況で、動画が用いられることが多いのはそのためです。

ECサイトでの物販においては、動画で均質な情報を提供することにより、返品率・クレーム件数の低下や、顧客満足度の向上が期待できます。

コンテンツとしての高い価値

動画は、それ自体がコンテンツとしての価値が高いです。というのも、文字や画像より表現できる幅が広いため、動画というコンテンツだけで人を惹きつけることも充分に可能だからです。

よく見かけるレシピ動画やYoutuberがアップしている商品紹介動画などでは、ストーリーの描き方や編集の仕方などで価値を付加し、それぞれ独自のスタイルを築いたHowTo動画をシリーズ展開しています。そうすることで、同じユーザーが繰り返し視聴してくれたり、HowToを説明する話し手にファンがつくこともあります。また、シェアされて幅広いユーザーに拡散する可能性も秘めています。

こういった価値はWebサイトや紙媒体の文字によるHowToでは生まれにくい、動画ならではのメリットです。

HowTo動画の事例|インテリア・雑貨業界編

HowTo動画のメリットを説明したことですし、僕が選んだHowTo動画の事例をご紹介します。

お菓子ポーチのDIY|C CHANNEL

【DIY】SNSで話題!「お菓子ポーチ」が簡単に作れちゃう★ Let’s make candy pouch★

レシピ動画ではよく見られる早送り&俯瞰でのアングルを使ったC CHANNELの「お菓子ポーチ」のDIY動画です。
もはや定番の編集ですが、テンポの良い展開で飽きさせず、定点撮影で手順が分かりやすくなっていて、HowToとの相性が良いですね。

MUJI to GO|無印良品

MUJI 無印良品: MUJI to GO 2017

「旅を日常のように」というコンセプトで展開している無印良品の「MUJI to GO」。
そのコンセプトをそのまま動画のストーリーに落とし込んだ商品紹介とHowToを兼ねた動画です。

無印良品全体のトンマナとも一致していて、商品についての動画なのに、まるでイメージ動画のような見せ方は、さすが無印良品だなと思います。

No Closet|IKEA

No Closet: Solve It in a Snap by IKEA

「No Closet」をコンセプトに衣類で溢れかえった部屋があっという間に整理されるというIKEAの動画です。
画がサクサク変わり、展開が早いので、手軽にあっという間に部屋が片付く印象を受けますね。

まずユーザーの悩みを提示することで、そこで紹介される商品がその悩みを解決してくれるものという認識がつく構成になっている点も参考にできそうです。

ノートに便利ポーチを|Ziploc

【ジップロック】ノートに便利ポーチを -TODAY’s HACKS with Ziploc

普段は食品を保存する時に使うジップロックを文房具などを入れるポーチにアレンジする方法を紹介する動画です。
こちらは動画のストーリーや見せ方というよりも、本来の用途とは違った商品アレンジを紹介することで、様々な用途があることを理解することができます。

ジップロックの他にもサランラップなどを展開する旭化成ホームプロダクツの商品紹介動画は一風変わった動画コンテンツが多く、面白いですよ。

最後に

いかがでしたか?
まだまだ様々なHowTo動画がありますが、商品をよりよく見せるアイディアや動画としてのメリットを生かした事例だったと思います。
ザ商品紹介という感じがしない動画も多いので、普段の生活の中で知らずに触れていることも多い気がします。

そして、HowTo動画を制作する際には、広告・ブランドサイト・ECサイト・SNSなどどこに掲載するのかということも踏まえて、取り組むことが大切です。
もし動画の制作や活用でお困りでしたら、お気軽にお問い合わせください

それではまた次回!


The following two tabs change content below.
あやか
これは本当の話ですが、組織図の中で私だけ肩書きがありません。 実家は代々漁師で生計を立てていますが、私の代で漁師業はストップしますので、 ご先祖様に顔向けできるように、産業が大きく変わるこの時代の節目で 良い働きができたらと思っています。
販促の最新トレンド、事例をお届け!
メルマガ登録情報入力
必須
必須
メールアドレス 必須
会社名 必須
SNSでフォローする