販促担当者のためのデジタルマーケティング情報メディア|baXooka[バズーカ]

【インタビュー】毎回、お客さまの考えを超える成果を出すために(後編)

こんにちは、バズーカ運営チームのキムです。バズーカの運営企業である株式会社ジーエークロッシングのクリエイティブ部門の責任者である長井大インタビューの後編をお送りします。今回は、チームで仕事を進める方法や、この「バズーカ」というオウンドメディアを運営する狙いについて聞きました。

営業とクリエイティブの両輪で動く!

――お客さまとのプロジェクトの進め方を教えてください。

長井 お客さまとの打ち合わせには営業だけでなくクリエイティブのスタッフも同行し、その場で内容を詰めていきます。こう言うと営業に怒られるかもしれませんが、特にウェブは新しい技術やサービスがどんどん出てくるスピードが速い世界なので、営業だけではそのスピードについていけないと思うんです。お客さまの言わんとしていることを正確につかめていなかったりする場合もあるので、クリエイティブ側も参加すべきだと考えています。それに、そもそも営業とクリエイティブでは立ち位置が違いますよね?

――どのように違いますか?

長井 当社の営業は、お客さま側に立つことを大事にしています。だからどうしても、お客さまの要望に沿ってプロジェクトを達成しようとするけれど、僕たちクリエイティブ側の人間は違うんです。前編でも言いましたが、僕たちはお客さまの要望はきちんと聞いたうえで、より最適な方法が見つかれば、仮にお客さまが当初求めていた内容とは違ったとしても、それを提案します。お客さまの課題を解決して、利益を増やしていただくことが一番重要だからです。このような立ち位置の違いがあるから、営業とは意見が食い違うこともよくあるのですが、異なる立場で話し合えるからこそいいんです。

――チームワークが武器ということでしょうか。

長井 みんなで協力して乗り越えようという意識が強いと思います。正直言って、ずば抜けた才能がある社員なんてごく一握りですよ。でも人間としていい人が多いし、チームでプロジェクトを進めるスキルは高いほうだと思います。

当社は「ワンストップソリューション」を標榜していますが、それには社内でできることはすべて自分たちで行うという制作体制が必要不可欠です。だからみんなで協力しないと仕事が進まない。個々人でこだわりがないわけではないけれど、衝突することは少ないですよ。人と意見が違うことを楽しめる人が多いのかもしれません。似たりよったりの考えを揉むのではなく、まったく異質のものから詰めていくほうが、僕たちの仕事は絶対におもしろくなるはずです。

一度やったことが二度と通用しないおもしろさ

――苦労も多いと思いますが、改めてこの仕事の楽しさはどこにありますか。

長井 一度やったことが通用しないってところでしょうか。今手がけているプロジェクトがあって、次に同じお客さまと仕事をするにしても、前のプロジェクトとは季節も変わっているし、社会情勢も変わっている。だから同じものが一つもないんです。

さらにデザイナーの仕事も、ただデザインを考えているだけでは意味がなくなってきています。どんなメディアを選ぶのかという、今まではディレクターが考えていたような、設計の段階から入っていく必要がある。それから、レギュラーの仕事はどうしても単調になりやすいけれど、その中でも自分なりの提案力で、お客さまのパートナーとして立ち位置を築けるような人材にならないと生き残っていけないでしょう。

毎回毎回、今何がいいのかというのを見極めて形にすること。難しいけれどこんなに楽しい仕事はほかにないと思いますよ。

オウンドメディアの立ち上げという新しい試み

――オウンドメディア「バズーカ」を立ち上げた理由を教えてください。

長井 人と人とが対面して、営業によって仕事を得るということも大事ですが、ウェブから受注の仕組みをつくらないといけないなと思ったのがきっかけです。これから4~5年先を考えると、ウェブからの受注システムを確立できない会社は生き残っていけないと思います。そのために、当社でも「バズーカ」を受注の入り口として育てたいと思ったのです。

それから二つ目の理由として、お客さまのオウンドメディア立ち上げに関わることも多いので、自分たちがまず経験して、難しい点や課題を模索することで、一つ先の提案につなげていきたいというのもありました。広告を使わずに、いかに企業のファンをつくるのかという、いわゆるコンテンツマーケティングの手法について、実験する場所が欲しかったのです。

――オウンドメディアは存続が難しいと言われます。

長井 今の世の中、どこの企業も順風満帆とは言い切れないので、短期的に収益につながることばかりに目が向いてしまう。オウンドメディアは短期で成果が出るような施策ではありません。長期間で、ある程度育てないと威力を発揮しないので、そこが難しいんでしょう。例えば競合会社がオウンドメディアを立ち上げているから、自社で対抗しようと思っても、相手がこつこつ費やしてきた時間に対して同じくらいの時間を割かないと対抗できないので、そこを長い目で見られないと継続は難しいですね。

今後もいろいろと実験をしながら、写真や動画といった得意なところをコンテンツにいかして、「バズーカ」を個性あるものに育て、当社の未来のビジネスにつながる糸口を何かつかめたらいいと考えています。

The following two tabs change content below.
キム

キム

テクニカルディレクター。 フロントエンドコーディング、スマホ、アプリケーション、IoTなどに興味深いです。 たまに変な日本語が出てしまっても許してください…!
販促の最新トレンド、事例をお届け!
メルマガ登録情報入力
必須
必須
メールアドレス 必須
会社名 必須
SNSでフォローする