販促担当者のためのデジタルマーケティング情報メディア|baXooka[バズーカ]

ECはメディア化する。最新事例に学ぶECの集客法

 

ECはメディア化する。最新事例に学ぶECの集客法

Amazonに代表される安さ・速さ・ストレスフリーを兼ね備えた機能面が強いECに対して、中小企業のECが集客するためにはなんらかの差別化を行うことが必要とされます。
昨今、この差別化の方法としてECサイトにメディア機能を持たせるという手法が注目を集め、実際に売り上げをアップさせた例も見られるようになりました。
単なるモノを売るための物販サイトという枠を超えた、メディア化する最新EC事情をお伝えします。

ストーリーテリングで共感を集める:北欧、暮らしの道具店

北欧、暮らしの道具店

北欧、暮らしの道具店(http://hokuohkurashi.com/

北欧雑貨や食器を扱うECサイトの「北欧、暮らしの道具店」は、2007年に開業し、2012年から自社サイトのメディア化に取り組みはじめました。
今では、月間80万以上の固定ファンを抱える人気ECに成長しています。

人気の秘密は、商品そのものを売り込むのではなく、その商品がある「暮らし」をアピールしていくこと
同サイトのお買い物ページには、商品の画像やサイズといった一般的な商品情報だけでなく、写真を多く取り入れて、商品の利用イメージをわかりやすく伝えています。売り手の商品に対する情熱や思いが伝わってきて、ユーザーからの信頼感も得られるでしょう。北欧雑貨が持つ「ていねいな暮らし」というイメージと、自社のコンテンツをうまく結び付けた好例といえます。

社員からのライフスタイル提案

また、「読み物」ページでは北欧雑貨を取り入れた社員のライフスタイルを紹介しています。
子育てグッズやお弁当の作り方など、実際には販売している商品とリンクしない内容の記事もありますが、同社では、商品の仕入れも編集方針、コンテンツ方針に沿って決めているそうです。読み物ページに代表される、「商品」ありきではない運営方針によって、サイトをメディア化することに成功しています。

サテライトサイトの活用でメディア化:石けん百貨

石けんや生活雑貨などの販売を手掛ける「石けん百貨」は、「商品を選ぶ目と活用するテクニックを身につけてもらいたい」という目的から、関連するサテライトサイトを多数立ち上げています。

生活情報総合サイトの「石鹸百科」のほか、石けんの誤情報について検証する「ニセ科学と石けんの諸問題」、スキンケアやヘアケアなどのコラムを中心とした「読んで美に効く基礎知識」など。
テーマの違うサテライトサイトを多く開設することで、商品の購入を考えているユーザーだけでなく、石けんの使い方を知りたいユーザーや成分を知りたいユーザーなど、見込み客となる可能性のある幅広いターゲット層をECサイトに集客することに成功しました。

検索キーワードを絞ったサテライト戦略

検索サイトでの上位表示は、ECサイトの成功に不可欠です。
しかし、「石けん」「生活雑貨」など大きなキーワードで上位表示を狙おうとすると、かなり過酷な戦いを強いられることは、Web担当者であれば想像に難くないでしょう。その点、サテライトサイトを開設して、絞り込んだキーワードからの流入を狙えば、競合も少なくなり、検索順位も上昇すると考えられます。
この石けん百貨の事例は、ECサイトのメディア化だけでなく、SEO戦略的にも理にかなっているといえるでしょう。

ソーシャルメディア活用で商品を魅せる:虎斑竹専門店 竹虎

竹材を使った商品の販売を手掛ける「虎斑竹専門店 竹虎」は、ソーシャルメディアをうまく活用したECサイトメディア化の好例です。

虎斑竹専門店 竹虎のFacebookページhttps://www.facebook.com/taketorayondaime/

コンテンツの内容は加工前の竹や制作途中の商品写真、制作工程を写した動画といった、「売り手の竹への愛」や「竹のある暮らしのよさ」が感じられるもの。
商品を直接売り込まずとも、商品を「魅せる」ことに成功しています。竹に関する豆知識や歴史的な背景なども学べ、コンテンツとしても価値があります。さらに、ビジュアル映えする写真や方言を活用した文章もあたたかみを添えています。

顧客との「コミュニケーション」を考えたSNS運用

普通、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアで商品の紹介や宣伝が前面に押し出されると、鬱陶しく感じられるものです。その点、商品の魅力や作り手・売り手の思いがさりげなく伝わる同サイトの投稿は、ソーシャルメディアでのコミュニケーションに悩んでいるECサイト担当者にとって参考になるはずです。

日々の発信努力が人気につながる

メディア化することで単なる物販サイトという枠を超えた中小ECの事例についてお伝えしました。ソーシャルメディアでバズる記事を書くのは容易なことではありません。どのサイトも情報発信に対する日々の地道な努力の積み重ねが人気につながっているといえます。

▶ 関連資料ダウンロード(無料)

[ 【保存版】ECサイトのためのオンライン集客ツールガイド ]

参考:

The following two tabs change content below.
baxooka
バズーカの運営チームです。 デジタルマーケティングの情報を日々更新中!よろしくお願いします!
販促の最新トレンド、事例をお届け!
メルマガ登録情報入力
必須
必須
メールアドレス 必須
会社名 必須
SNSでフォローする