販促担当者のためのデジタルマーケティング情報メディア|baXooka[バズーカ]

ECサイトは顔が命!商品の魅力を引き出す撮影テクニックとは?

ECサイトは顔が命!商品の魅力を引き出す撮影テクニックとは?

ユーザーが実際に商品を手に取って検討することができないECサイトにおいて、商品画像はサイトの「顔」ともいえる重要なもの。商品画像の映りが悪かったり、そもそも写真がなかったりすれば、ユーザーの購入意欲には結び付かないでしょう。商品画像のできによって売れ行きが大きく左右されるといっても過言ではありません。初心者でもできるEC映えする撮影テクニックについて迫ります。

テクニックその1:メリットを訴求しよう

商品写真を掲載する最大の目的は「欲しいと思わせること」です。そのためには、ユーザーがその商品を購入した際のメリットを訴求することが大切といえるでしょう。

一番簡単なテクニックは、その商品を購入したときの使用イメージを伝えることです。例えばアパレルであれば、商品そのものの写真だけでなく、身に着けたときのイメージを伝えるためにモデル着用写真も一緒にアップしましょう。

商品写真の使い方がうまいアパレルECとして、韓国ファッションを扱う“dholic”が有名です。dholicの商品写真はまるで雑誌のようなクオリティです。すべての商品にビジュアルを重視したモデルカットを使用し、コーディネートも完璧。「デートに着ていったらかわいいと言ってもらえるかも」「オフィスでも使えるかな」など、使用イメージをユーザーに連想させやすい写真ばかりです。

また、dholicのユーザーコメントを見ると「モデルが着ていてかわいいと思ったから購入した」という声も多く、モデル選びも重要なファクターだということがわかります。せっかく手間をかけて撮影するのであれば、自社の商品をもっともひきたててくれるモデルを選びたいものです。

テクニックその2:ユーザーの目線に立とう

商品を購入するとき、知りたいことはなんですか? アパレルであれば、サイズ感や素材の手触り、質など。食品であればもちろん味やにおいですよね。どのような写真、どのような写り方をした写真があれば購入したいと思うのかを、ユーザーの目線に立って考えてみましょう。

前述のdholicの場合、商品写真のサムネイルや、商品詳細ページの写真も大きく、内容も豊富です。商品の素材や作りなどがすみずみまでチェックできるようになっており、ECで洋服を購入する際にユーザーが抱くであろう不安感を解消する「かゆいところに手が届く」作りになっています。
食品であれば、調理前の食品をお行儀よく並べるだけでなく、実際に調理した写真を載せましょう。「明太子をただ並べただけの写真から、ごはんの上に山盛りにした写真に差し替えただけで、売れ行きが何倍にもなった」という声もあるほどです。

テクニックその3:同業他サイトの写真を参考にしよう

なかなかテクニックがつかみづらいという場合、同じような商品を取り扱っているサイトの写真を参考にしてみましょう。例えば、商品の拡大画像の点数や、どういったポイントをおさえて掲載しているかなど、参考にすべきところは少なくないはずです。どのように撮影しているか、どうやって掲載しているかを研究することで、「売れる」ECサイトの写真とはどのようなものなのか、だんだんつかめてくるでしょう。
ただ、他サイトの写真や文章などを参考にするときは、くれぐれも著作権の侵害にならないように注意しましょう。

テクニックその4:画像処理をきちんとしよう

写真は撮りっぱなしでそのまま載せるのでなく、画像編集ソフトを使ってきちんと画像処理をしましょう。例えばコントラストや明るさなど、少し画像を編集するだけで商品の見栄えは大きく変わります。商品をクローズアップしたいときは、トリミング(切り取り)処理も行います。
画像編集というと難しく感じるかもしれませんが、最近はプロ向けのソフトばかりでなく、初心者でも直感的に扱える画像処理ソフトも多数登場しています。
以上、EC映えする撮影テクニックについて4つのポイントをお伝えしました。
商品画像はサイトのイメージやユーザーの購買行動を大きく左右するもの。売れるECサイトを制作するためには、そのサイトの「顔」となる商品画像のコツを抑えておきたいですね。
また、よりクオリティにこだわるのであれば、プロのテクニックに頼るのも一つの方法です。商品撮影や画像加工にお悩みがあれば、専門家に相談してみるのがオススメです。

参考:


The following two tabs change content below.
baxooka
バズーカの運営チームです。 デジタルマーケティングの情報を日々更新中!よろしくお願いします!
販促の最新トレンド、事例をお届け!
メルマガ登録情報入力
必須
必須
メールアドレス 必須
会社名 必須
SNSでフォローする