販促担当者のためのデジタルマーケティング情報メディア|baXooka[バズーカ]

あなたのサイトは機能している?パレートの法則から改善点を考える

パレートの法則という言葉を聞いたことはありますか? 別名80:20の法則といわれることもあります。もともとは経済学者が発見した法則ですが、この法則は世の中のさまざまなものごとに当てはまるといわれています。この法則を活用すれば、あなたのWebサイトやWebマーケティング業務の改善点を見つけることもできるかもしれません。

世の中の数字の多くは、ある少数が大多数を生み出している

パレートの法則は、ものごとの分布状態を示します。全体の数値のうち、ある少数(2割)が大多数(8割)を生み出しているという状態をいいます。Webマーケティングに当てはめると、こんな例が考えられます。

  • Webサイトは、2割のページに8割のアクセスが集中する
  • 売上げの8割は、全体の2割の顧客が占めている

実際に身の回りでこうした例がないか考えてみましょう。

パレートの法則から導き出す2通りの考え方

パレートの法則をビジネスの実務で活用するにあたっては、2通りの考え方があります。

「稼ぎ頭」に経営資源を集中させる

まずは、8割の数値を生み出している優秀な「2割」の部分に経営資源を集中させるというやり方。売り上げを上げている部分に集中するのですから、堅実で間違いない結果を得られ、業務も効率的になります。リスクを最小限におさえて、より大きなアウトプットを目指すのは、マーケティングの基本です。

「8割」にチャンスを見出すという考え方も

一方で、「売り上げを上げていない8割」は、実はまだ手がつけられておらず改善の可能性が眠っているという考え方もできます。2割の既存顧客に集中すれば、たしかに一定の業績は得られますが、それ以上の広がりを得ることは難しくなります。ビジネスの拡大を目指すには、手つかずの8割にこそチャンスがあるとも考えられるのです。

コンテンツマーケティングで言えば、アクセスが多く人気を集めている上位2割のコンテンツはそのままにして、人気を得られていない残り8割のコンテンツに対し改善策を講じていけば、これまで以上の成果が得られるようになるはずです。

また、「下位の8割があるからこそ、上位2割が成り立っている」という考え方もできます。例えば、黒・赤・茶の3色展開のコートがあったとします。一番の売れ筋が黒だったとして、赤と茶色はまったく仕入れなくていいのかというと、そんなことはありません。

赤いコートは店頭に置いておくと目立ちます。お客さんの目に留まって、思わず売場に足を運ぶかもしれません。お客さんは定番の茶を手に取ってみるものの、「仕事やプライベートでTPOを問わずに着回しができるのは黒かな」と黒のコートを選ぶでしょう。こうしてみると、赤はお客さんの目をひくため、茶は比較対象と、下位8割の商品にもきちんと役割があることがわかります。

これは、人事面でも同じことが言えます。全体の8割を売るのは上位2割の営業マンかもしれません。しかし、下位8割のメンバーがすべて抜けてしまったらどうでしょう。上位2割もこれまでと同様のパフォーマンスを挙げることは難しくなるはずです。

パレートの法則で業務改善

パレートの法則は、世の中のすべての事象にあてはまるわけではありませんが、物事を俯瞰的に見たいとき、ちょっと整理して考えたいときなどに参考にすると、役にたつことがあります。

Webマーケティングのアウトプットや業務を効率的にしたり、新しいアプローチを少ないリスクで実現したりしたい場合、身の回りの事象にパレートの法則が当てはまらないか、ちょっと立ち止まって考えてみましょう。

参考:

The following two tabs change content below.
baxooka
バズーカの運営チームです。 デジタルマーケティングの情報を日々更新中!よろしくお願いします!
販促の最新トレンド、事例をお届け!
メルマガ登録情報入力
必須
必須
メールアドレス 必須
会社名 必須
SNSでフォローする