販促担当者のためのデジタルマーケティング情報メディア|baXooka[バズーカ]

グーグルも推奨!レスポンシブデザインの意味とメリット・デメリット

2015年4月からGoogle検索エンジンでの表示順位を決める判断基準のGoogleアルゴリズムに「モバイルフレンドリーかどうか」という項目が追加されました。そして、2016年5月からはその項目をさらに強化させるアップデートがロールアウトされました。

つまり、ウェブサイトがモバイル最適化されていないと、Googleクローラの評価が今まで以上に下がり、表示順位も下がってしまうようになったのです。ほとんどの企業のウェブサイトが、すでにウェブサイトのレスポンシブ化を実行していますが、まだ実行できていない企業でも検索結果に影響が出ないために、ウェブサイトのレスポンシブデザイン化を進めています。

そもそもレスポンシブデザインとは?

コンピュータ、スマホ、タブレットと、人々がネットを見るスクリーンサイズは多様化しています。しかし、世の中にある全てのスクリーンサイズに合うようにウェブサイトを何種類もデザインすることは不可能です。

そこで活躍するのがレスポンシブデザイン。「レスポンシブ」という言葉は、日本語に訳すると「~に反応する」という意味合いになります。つまりレスポンシブデザインとは、どのスクリーンサイズでも勝手にサイト自体が「反応」をし、そのスクリーンサイズに最適なウェブサイトを表示するデザインのことを指すのです。

レスポンシブデザインのメリットとは?

ウェブサイト管理の経費節約

従来は、デスクトップ用とモバイル用、2つのHTMLファイルでウェブサイトのモバイル対応をしているウェブサイトがほとんどでした。しかし、レスポンシブデザインを用いることにより、たった1つのHTMLファイルを管理するだけですむというメリットがあるのです。こうすることで、ウェブサイトをローンチしたあとのメンテナンスが容易になりますし、サイト維持費節減にもつながります。また、将来的に新しいスクリーンのデバイスが登場した際にも即座に対応が可能です。

顧客にシームレスなウェブ体験を提供

レスポンシブデザインでは、顧客が使っているデバイスのスクリーンサイズに最適化されたウェブサイトを常に提供することができます。第一印象はとても大事です。モバイル対応をしていないウェブサイトを使用している企業に対する顧客の印象は「時代遅れ」「見づらい」など決して良いものではありません。特に「トレンド」を扱う企業のウェブサイトが最新のテクノロジーを使っていなければ、矛盾が発生してしまいます。

また、デバイスを超えて統一されたブランド性を保つことができます。オムニチャネルマーケティングが推奨される現代、レスポンシブデザインを用いることはオムニチャネルを実現させるポイントのひとつでもあるのです。

レスポンシブデザインにデメリットはあるの?

ウェブページの読み込み速度

レスポンシブデザインが流行り出した2012年、2013年によく言われたデメリットのひとつに「画像表示に時間がかかる」というものがありました。その理由は、どのスクリーンサイズでも画像の解像度を維持するために、モバイルでもコンピュータースクリーン用の大きいサイズの画像を読み込ませなければならなかったからです。

しかし、レスポンシブデザインが進化するにつれてそのデメリットの解決方法も広がっています。一般的なのは、レスポンシブデザインにおけるブレークポイント(コンピューターからタブレット、タブレットからスマホ表示に代わるスクリーンサイズ)に合わせて違うサイズの画像を表示させるようにコーディングする方法です。そうすることで、スマホ上でわざわざコンピュータースクリーン用の解像度の高い重い画像を読み込まずにすむのです。

高い初期費用

初期構築時のコーディングやテストに時間がかかることで、初期費用がかさむことが懸念された時期もありました。しかし、長期的に考えればサイト管理費の節減、将来的な新しいスクリーンサイズにも対応可能、顧客に良い印象を与えられるという点から見てもレスポンシブデザインに対する投資は賢い選択になることがわかります。

また、WordPressなどのツールを使用して企業のウェブサイトを管理する中小企業数も増えてきています。すでに作られたレスポンシブデザインのテーマを使用することで、比較的容易にウェブサイトのレスポンシブデザイン化ができるのです。

レスポンシブ化は必然的、オプションではない

2017年までには20億もの人がモバイル端末を使ってウェブサイトを閲覧すると見込まれています。そして、スマホ使用者は1日平均150回もスマホをチェックするというデータまであります。つまり、1日1人につき150回も見込み顧客にウェブサイトを見つけてもらう可能性があるということなのです。

逆に言えば、レスポンシブデザインを取り入れていないと1日1人につき150回も、利益を得られるチャンスを逃しているということになります。デジタル社会において、ウェブサイトのレスポンシブデザイン対応をしないという選択肢はもはやないと言えるでしょう。

参考:

The following two tabs change content below.
baxooka
バズーカの運営チームです。 デジタルマーケティングの情報を日々更新中!よろしくお願いします!
販促の最新トレンド、事例をお届け!
メルマガ登録情報入力
必須
必須
メールアドレス 必須
会社名 必須
SNSでフォローする