販促担当者のためのデジタルマーケティング情報メディア|baXooka[バズーカ]

プロモーションの王道!今こそサンプリングでプロモーション効果を上げる

消費者が商品を直接手に取り、体験できるサンプリングは、今も昔も王道のプロモーション手法です。まさにアイデア勝負のサンプリングプロモーション。さまざまな事例に触れることで、アイデアの引き出しを増やしてみましょう。

テクノロジーを活用してユニークさ倍増

サンプリングは直接商品を体験してもらうことから、アナログな手法と考えている方も多いかもしれません。しかし、最近では最新テクノロジーを活用し、ユニークなキャンペーンを行っている事例も少なくないのです。

良くない座席ほど、たくさんのチョコレートをプレゼント!

SeatGuruを活用したサンプリング事例「アンソンバーグ社」
http://www.anthonberg.com/

例えば、デンマーク王室御用達のチョコレートメーカー・アンソンバーグが行ったサンプリングもそんな事例のひとつ。同社は空港で飛行機に搭乗する乗客にチョコレートを配るというサンプリングを行いましたが、その際にコラボレーションしたのが「SeatGuru」というサイトです。

「SeatGuru」とは航空会社や飛行機の種類を基に、良い座席と良くない座席を教えてくれるサイト。アンソンバーグはこのサイトとタッグを組み、航空券に記された座席が良くないほど、たくさんのチョコレートを配るという試みを行ったのです。たとえ座席が良くないものであっても、たくさんのチョコレートがあれば楽しい空の旅になるかも。そんな乗客の声が聞こえてきそうなキャンペーンです。

画面上のボトルを動かして、コカ・コーラをゲット!

タッチパネルを活用したサンプリング事例「コカ・コーラ社」
http://www.jcdecaux.com.au/innovation/coca-cola

もうひとつ、コカ・コーラがオーストラリアで行ったサンプリングプロモーションをご紹介。同社では街中に設置された液晶画面に、青や紫などのさまざまなカラーのコカ・コーラのボトルを表示。「コカ・コーラを動かすとサプライズがあるかも!」というメッセージと合わせて、街中のさまざまな場所に掲示しました。

通りがかった人々がその指示通りにドラッグ&ドロップで動かしてみると、本物のコカ・コーラが下の小窓から出てくるという仕組み。ただ商品を手渡しで配るよりも、こうした遊び心があると人々も受け取りやすくなるのではないでしょうか。

空間や場所との組み合わせで、効果が倍増!

サンプリングの効果を高めるには、その空間や場所を利用してしまうのも有効な手段のひとつ。例えば、以下のようなキャンペーンを参考にしてみましょう。

前代未聞の「スイーツなバス停」が登場!

イギリスのスイーツブランド、「Mr Kipling」は新商品であるケーキのサンプリングを、バス停で行いました。もちろん、ただ消費者にケーキを渡すだけではなく、バス停の周辺にケーキが焼ける時の甘い香りを漂わせ、バス停に設置されたボタンを押すと自動的にケーキが出てくるという仕掛けつき。

イギリスのバスは遅れがちとも言われていますが、美味しいケーキがあるなら待ち時間も苦にならないのか、この甘いに香りに誘われて、500人もの人々がケーキをもらうために列をなしたのだそうです。

エレベーターが電子レンジに?

エレベーターでのサンプリング事例「Totino’s Pizza Rolls社」
http://www.totinos.com/

アメリカの冷凍ピザメーカー「Totino’s Pizza Rolls」が行ったのは、なんとエレベーターを電子レンジにしてしまうというアイデア。レンジで60秒温めるだけで美味しいピザが出来上がることをアピールするため、エレベーターの階数ボタンを電子レンジのパネルのように改装し、ボタンを押すと時間表示パネルが60秒のカウントダウンを始めるようにデザインしたのです。

時間表示が「0」になるとドアが開き、ピザの試食ができるというもの。サンプリングだけでなく、SNSなどでの拡散も狙った秀逸な事例といえるでしょう。

「え?このタイミング?」意表をついたサンプリングアイデア

ただ商品を渡すだけではサンプリングの効果がない場合もあります。そんな時は、渡すタイミングや渡し方を工夫してみてはいかがでしょうか?

アイスクリームを食べたら、どうする……?

意表をついたアイデアとしては、歯磨き粉などのオーラルケア製品メーカー「Colgate」がタイで行った事例が秀逸です。人々にサンプリングで配ったのは、なんと棒つきの甘いアイスクリーム。同社の製品群からすると真逆とも言えそうなサンプリンググッズですが、実はアイスの棒が歯ブラシの形をしており、「Don’t forget Colgate(アイスを食べたら、Colgateの製品で歯を磨きましょう)」というメッセージが現れるという仕掛け。

特に子供たちにとっては歯磨きグッズは必ずしも喜ばれるものではないだけに、甘いアイスクリームと合わせることで印象的なキャンペーンを実現できたといえるでしょう。

ビジネスホテルで配布、「快眠」を約束する便利グッズ

最後にご紹介するのはイギリスの製薬会社グラクソが日本のビジネスホテルで行った、鼻孔拡張テープ「ブリーズライト」のサンプリング・キャンペーンです。

日々忙しく働くビジネスマンにとって、出張先のホテルでよく眠れるかどうかは、翌日のパフォーマンスにも関わる重要な関心事。そこに目をつけた同社は、快眠グッズとして鼻孔拡張テープを配布したのです。さらに、この事例が秀逸なのは花粉の季節にキャンペーンが行われているということ。一番「よく眠りたい」と願うタイミングで配布されただけに、多くの人がその効果を実感したのではないでしょうか。

多くの事例に触れて、プロモーションの引き出しを増やそう!

机の上で資料をめくっていても、サンプリングの良いアイデアは生まれてきません。消費者をあっと驚かせ、効果的なキャンペーンを行うためには、多くのアイデアに触れてアイデアの引き出しを増やすことが重要です。いろんな事例を見て、インスピレーション源としましょう!

参考:

The following two tabs change content below.
baxooka
バズーカの運営チームです。 デジタルマーケティングの情報を日々更新中!よろしくお願いします!
販促の最新トレンド、事例をお届け!
メルマガ登録情報入力
必須
必須
メールアドレス 必須
会社名 必須
SNSでフォローする