販促担当者のためのデジタルマーケティング情報メディア|baXooka[バズーカ]

SNSでシェアされるプロモーションに必要な3つのポイント

スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末が普及し、誰もが手軽に情報を集めることができる現代。そんなデジタル全盛の時代においても、消費者と企業をダイレクトにつなぐ販促プロモーションの効果は高く、日々どこかで、多くのプロモーションが開催されています。

以前は販促プロモーションの目的というと来場者に満足してもらい、地道に評判を呼ぶという手法が一般的でした。しかし、最近ではSNSなどでシェアされ拡散される効果が大きいことから、プロモーション開催の目的や手法も少しずつ変化してきています。デジタル時代の「シェアされる販促プロモーション」を成功させる秘訣はどこにあるのか、考えてみましょう。

誰かに伝えたくなるプロモーション、開催できていますか?

プロモーションがSNSなどでシェアされるためには、ただ来場者を増やすだけでは十分ではありません。どんなに多くの人が来てくれても、来場者の期待に添わない「がっかり」プロモーションだった場合、自分のFacebookやTwitter、ブログなどのSNSに投稿しようとする人はいないでしょう。

もちろん、あまり魅力的でない「がっかり」プロモーションが、ネタとしてSNSで拡散されるケースもあります。しかし、消費者に与えるイメージを考えると来場者に満足してもらい、「楽しかった」というポジティブなコメントとともに拡散されたほうが効果的なのは言うまでもありません。

特に、FacebookやTwitterなどのSNSは即時性が高く、プロモーションに来てくれている人がその場で投稿し、リアルタイムに拡散されることも期待できます。その投稿を見た人がプロモーションのことを知って来場し、さらにSNSで拡散する……こうしたサイクルが実現できれば、プロモーション開催の効果は非常に高いものになるでしょう。そのためには、何をおいてもそのプロモーション自体が来場者を楽しませる、魅力的なものである必要があります。

伝えたくなるプロモーション、3つのポイント

それでは、来場者を楽しませ、人に伝えたくなるようなプロモーションはどのようにして実現すればいいのでしょうか。実は、そのポイントは来場者に「美味しい」「新しい」「わかりやすい」という3つの感情を与えることにあります。

せっかくプロモーションに足を運ぶのだから、何か面白い体験をしたい。そう思うのはごく自然なことであり、誰にも共通した思考といえるでしょう。例えば、新発売されるキッチン家電のプロモーションを開催したとして、ただ新商品の説明をするのと、その商品を使って調理した「美味しい」料理の試食会があるのとでは、来場者の満足度には大きな差があります。

同様に、これまでにない「新しい」テクノロジーを体験できたり、これまで知らなかった知識を「わかりやすく」教えてくれ、気づきを与えてくれたりするようなプロモーションは、来場者を満足させ、その体験を思わず誰かに伝えたくなるような効果が期待できます。プロモーションを企画する際には「美味しい」「新しい」「わかりやすい」の3つのポイントをどこかに織り込めないか、検討してみるといいでしょう。

「よくあるプロモーション」でも大丈夫!

ここまで読んで、SNSなどでシェアされるためには何か特別な仕掛けが必要と感じた方もいるかもしれません。確かに、凝った演出があったり、面白い場所で開催されたりするようなプロモーションはメディアや人々の関心も高くなりやすく、大きな効果を期待できそうなもの。

しかし、こうした特別な仕掛けのあるプロモーションは対応するスタッフの手配や会場の調整が難しく、開催するだけでも多大な労力を要することもしばしば。せっかく苦労したのに、費用対効果を考えるとイマイチだった……なんて結果にもなりかねません。

目的がSNSなどで拡散されることと考えると、その方法は必ずしも特別な仕掛けのあるプロモーションを開催することだけではありません。「よくあるプロモーション」でも、来場者にしっかりと楽しんでもらい、満足されれば自ずと「シェア」の獲得にもつながっていくのです。

大切なのは「どのように」拡散されるかを想定すること

2016年5月、ゲームメーカー大手であるスクウェア・エニックスは、新作「ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり」の発売を記念して、新宿駅の構内に横幅14メートルにものぼる黒板アートを掲示しました。このプロモーションはさまざまなニュースでも話題になったため、ご存知の方も多いことと思いますが、特筆するべきは、SNSで「どのように」拡散されるかをしっかりと想定されていたことにあります。

この黒板アートは5月23日から29日までの期間限定のものでしたが、24日の23時59分までに同ゲームのハッシュタグである「#DQH2」を付けたツイートが5000を超えると、翌日に黒板アートが消されてしまうというもの。このため、期間中は多くの人がプロモーションに関するツイートを行い、大きな話題となりました。

どんなに魅力的なプロモーションであっても、ただ来場者がSNSに投稿するのを期待するだけでは効果的に拡散することはできません。参加する人々がSNSに投稿しやすい仕掛けを組み込むことが、シェアされやすいプロモーションを実現するのです。

SNSの拡散力は、大きな効果を生み出す

FacebookやTwitterなどのSNSは誰もが手軽に情報を共有・発信できるだけに、その拡散力は目を見張るものがあります。効果的なプロモーションを行いたいと考えている人は、ぜひ「シェア」されることも想定して企画してみてはいかがでしょうか。

参考:

The following two tabs change content below.
baxooka
バズーカの運営チームです。 デジタルマーケティングの情報を日々更新中!よろしくお願いします!
販促の最新トレンド、事例をお届け!
メルマガ登録情報入力
必須
必須
メールアドレス 必須
会社名 必須
SNSでフォローする