販促担当者のためのデジタルマーケティング情報メディア|baXooka[バズーカ]

コンビニ受け取りサービス拡大で注目度UP!後払い決済とは?

後払い決済とは、ネットショッピングにおいて購入者が商品を受取った後に、振込や郵便振替などによって支払いができる決済システムです。購入者と事業者の間にいる代行業者が代金の支払いに関する業務をとり行うため、現代版の「つけ」のような仕組みともいえます。後払い決済のメリットとデメリットを事業者と購入者の立場から、それぞれ検討していきます。

時代の要請といえる後払い決済

ネットショッピングの事業者の数が増えて、その社会的な信用も定着するようになると、クレジットカードや銀行振り込みによる先払いが主流になりました。しかし、最近では個人情報の流出事件が相次いだことがあり、クレジットカードの登録に抵抗を感じる人が少なくありません。また、代金の受け取りを確認してから商品を発送するとタイムラグが発生することもあり、再び後払いが脚光を浴びています。

大手で知名度のある企業が運営するECサイトであれば、購入予定者もクレジットカードなどの個人情報を提供することにあまり抵抗を感じないかもしれません。しかし、知名度が低い中小規模の事業者に対しては抵抗を感じる人が少なくないのが現状です。せっかく良質な商品を販売していても、支払方法で販売の機会を逃がすことは事業者にとって避けたいものです。個人情報の取り扱いに慎重さが求められる今の時代、後払い決済は、事業者と購入者の双方から歓迎される仕組みであることが分かります。

もう写真にだまされることもない?購入者のメリット・デメリット

まずは、後払い決済における購入者のメリットとデメリットを見ていきます。

  • メリット1 納得した買い物ができる

ECサイトにおける購入者の不安要素の1つとして、画面上で見て想像していた商品イメージと実際に届いた実物が異なる点が挙げられます。この点を、後払い決済は解決してくれます。もし届いた商品に不満があれば、購入者は支払いを行う前にキャンセルが可能です。払い戻しの手続きや、返金のタイミングを待つ必要がないので、キャンセルの煩わしさを感じることなく、買い物を楽しめます。

  • メリット2 クレジットカードなしで買い物が可能

後払い決済では、購入者はクレジットカードの登録をすることなく、コンビニや郵便局での支払い、金融機関への振り込みなどで支払いの対応ができます。クレジットカード情報の登録に抵抗がある人にとっては、特に恩恵を受けられるサービスといえます。

 

  • デメリット1 支払いが煩わしい

これは、先ほどあげたメリットの裏返しともいえますが、支払いの手続きを自分自身で行わなければいけない煩わしさがあります。コンビニや金融機関にわざわざ出向くことは、特に多忙なビジネスパーソンにとってみると、避けたい行動かもしれません。

  • デメリット2 手数料が発生する

金融機関で振り込みを行う場合、どうしても手数料が発生してしまいます。買い物をする頻度が多い人にとっては、手数料の累積は気になるポイントかもしれません。

スピード対応が可能!事業者におけるメリットとデメリット

続いて、事業者にとってのメリットとデメリットを考えてみます。

  • メリット1 スピード感のある対応が可能

事業者は購入者から注文を受けた場合、入金を確認せずに先に商品を発送することができます。このスピード感は、購入者の満足度を向上させることができますし、事業者にとっての強みにもなります。

  • メリット2 商品代金未回収というリスクの回避

後払い決済の手続きは、決済の代行業者に委託します。債権の回収は代行業者が行ってくれるため、事業者は、購入者が支払いをしてくれないというリスクを回避できます。

  • デメリット 代行業者との契約が発生する

一方の事業者におけるデメリットとしては、後払いの代行業者との契約やその契約代金が発生する点です。外部に決済の業務を委託しなければ、後払い決済の仕組みを続けることは難しいため、これは各事業者の選択が求められるところです。

商品とターゲットで使い分けよう

存在感を増している後払い決済ですが、ECサイトで展開している商品によって使い分けることでその効果はさらに倍増します。例えば、即時配達が必要とされる日用品や、生鮮食品などでは、スピード感が大きな価値となるでしょう。

また、後払い決済に対するニーズは、購入者の属性によって異なることも予想されます。都市部に住む、ITリテラシーの高い多忙なビジネスパーソンは、煩わしい手続きが不要なクレジットカード決済を好む傾向が強いでしょう。一方で高齢者は、クレジットカード情報の登録やオンライン上での詐欺行為の被害を避けるために、後払い決済を好む傾向があると考えられます。各事業者は、それぞれが販売する商品とそのターゲットの特徴を踏まえて、後払い決済の仕組みを活用するといいでしょう。

参考:

The following two tabs change content below.
baxooka
バズーカの運営チームです。 デジタルマーケティングの情報を日々更新中!よろしくお願いします!
販促の最新トレンド、事例をお届け!
メルマガ登録情報入力
必須
必須
メールアドレス 必須
会社名 必須
SNSでフォローする